企業法務コラム

2024.07.04

定時株主総会と臨時株主総会の違い:企業経営の要となる2つの会議

定時株主総会と臨時株主総会の違い:企業経営の要となる2つの会議

企業経営において、株主総会は重要な役割を果たしています。特に「定時株主総会」と「臨時株主総会」は、企業の意思決定プロセスにおいて異なる機能を持っています。本コラムでは、これら2つの株主総会の違いを詳しく解説し、弁護士の役割にも触れていきます。

定時株主総会とは

定時株主総会は、会社法で定められた年1回開催される株主総会です。主に以下の議題が扱われます:

  • 事業報告
  • 財務諸表の承認
  • 取締役・監査役の選任
  • 配当金の決定

多くの企業は事業年度終了後3ヶ月以内に定時株主総会を開催します。この総会は、株主に対して経営状況を報告し、重要事項の承認を得る場として機能します。

臨時株主総会とは

一方、臨時株主総会は必要に応じて随時開催される株主総会です。以下のような状況で開催されることが多いです:

  • 合併・買収の承認
  • 定款変更.増資・減資の決定
  • 役員の解任

臨時株主総会は、緊急性の高い議題や、定時株主総会を待てない重要事項を扱います。

定時株主総会と臨時株主総会の主な違い

  • 定時株主総会:年1回
  • 臨時株主総会:必要に応じて随時
  • 定時株主総会:定例的な報告や承認事項
  • 臨時株主総会:緊急性の高い特別な議題
  • 定時株主総会:会社法で義務付けられている
  • 臨時株主総会:必要に応じて任意で開催

弁護士の役割

株主総会の運営において、弁護士は重要な役割を果たします

  • 法的助言:議案の適法性や手続きの妥当性をチェック
  • 議事進行のサポート:円滑な総会運営をサポート
  • リスク管理:株主との紛争を未然に防ぐためのアドバイス
  • 書類作成:議事録や決議書類の作成支援

特に臨時株主総会では、緊急性の高い複雑な議題を扱うことが多いため、弁護士の専門知識が不可欠となります。

結論

定時株主総会と臨時株主総会は、それぞれ異なる目的と特徴を持っています。企業は両者を適切に活用することで、効果的な経営判断と株主とのコミュニケーションを実現できます。また、弁護士のサポートを得ることで、法的リスクを最小限に抑えつつ、円滑な総会運営が可能となります。
株主総会に関する詳細な情報や法的アドバイスが必要な場合は、経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士法人高瀬総合法律事務所
ツールバーへスキップ