企業法務コラム

2024.07.11

そのM&A仲介会社は大丈夫ですか?弁護士が問題点を解説

そのM&A仲介会社は大丈夫ですか?弁護士が問題点を解説

近年、企業の合併・買収(M&A)が活発化する中、M&A仲介業者の役割が注目されています。しかし、すべての仲介業者が信頼できるわけではありません。本コラムでは、M&A取引における仲介業者の問題点を、弁護士の視点から解説します。

M&A仲介業者の役割

M&A仲介業者は、売り手と買い手をマッチングし、取引をスムーズに進行させる重要な役割を担います。しかし、その選択を誤ると、取引に深刻な影響を及ぼす可能性があります。仲介業者は特別な資格はない場合が多く、M&Aで肝要となる法務デューデリジェンスは外部に委託する場合など、必ずしも法律の専門がいるとはいいづらい状況と言えます。

問題のある仲介業者の特徴

以下に、弁護士が指摘する問題のあるM&A仲介業者の特徴を挙げます。

一部の仲介業者は、取引額の10%以上という高額な成功報酬を要求します。これは業界標準を大きく上回っており、取引の障害となる可能性があります。一般的に取引金額の5%前後が相場とされています。

信頼できない仲介業者は、買収対象企業の詳細な調査(デューデリジェンス)を怠る傾向があります。これにより、買収後に予期せぬ問題が発生するリスクが高まります。M&Aの相談案件で最も相談いただくのはこのケースが多いです。

信頼性の低い仲介業者は、重要な情報を隠蔽したり、誤った情報を提供したりすることがあります。これは、インフォームドな意思決定を困難にします。

弁護士によるチェックポイント

M&A取引を検討する際、以下の点を弁護士と共に確認することが重要です。

過去の取引実績や顧客からの評価を慎重に調査します。

成功報酬の金額や算出方法が明確で合理的かを確認します。

仲介業者が提案するデューデリジェンスの範囲が適切かを検討します。

提供される情報の正確性と完全性を確認します。

弁護士の重要性

M&A取引において、弁護士の役割は極めて重要です。弁護士は以下の点で貢献します。

ビジネスの質を高め、全面的に支援します
  • 法的リスクの評価
  • 契約書の作成と確認
  • 規制当局への対応
  • 仲介業者の行為の適法性チェック

結論:安全なM&A取引のために

M&A取引を成功させるためには、信頼できる仲介業者の選択が不可欠です。そのためには、経験豊富な弁護士のサポートを受けることが重要です。弁護士は、仲介業者の適切性を評価し、取引全体を通じて法的観点からアドバイスを提供します。

M&Aを検討している企業は、早い段階から弁護士に相談することをお勧めします。専門的な法的アドバイスを受けることで、リスクを最小限に抑え、成功的なM&A取引を実現することができます。
「大丈夫」かどうか判断に迷うM&A仲介業者に遭遇した場合は、躊躇せずに弁護士に相談してください。弁護士の専門的な知見が、安全で成功的なM&A取引の鍵となります。

弁護士法人高瀬総合法律事務所
ツールバーへスキップ